« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

ヨーロッパ選手権の結果

ヨーロッパ選手権大会の結果です。

http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/finswimming_news/lst?.dir=/1928&.order=&.view=l&.src=bc&.done=http%3a//briefcase.yahoo.co.jp/

| | トラックバック (0)

ビーフィン100m43秒15

世界記録樹立です。イタリアのRAMPAZZO選手が男子ビーフィン100m43秒15sign03ビーフィン50mに続いて2冠です。

男子イマージョン400mロシアのSAPRYKINE選手2分44秒83sign01これも世界新記録です。

| | トラックバック (0)

世界記録が続々と・・・

フィンスイミングヨーロッパ選手権大会で、世界記録が次々に書きかえられているようです。競技は2日間が終了しましたが、男子ビーフィン50mでイタリアのアンドレア選手が予選19秒90、決勝19秒74。これはCMASビーフィン規定に則ったビーフィンを使用して樹立された記録です。

同じくイタリアのステファノ選手はサーフィス1500mで12分26秒78。また800mサーフィスリレーでイタリアの第1泳者ナバ選手が1分21秒79。

女子サーフィス200mではロシアのヴァシリア選手が1分29秒99。

まだすべての競技の記録は更新されていませんが、http://www.cmas.org/comspo/nap/resultats/index.aspで結果を見ることができます。

| | トラックバック (0)

ヨーロッパ選手権大会

7/23からハンガリー・エゲールでフィンスイミングヨーロッパ選手権大会が始まります。エントリーはここで確認できます。

http://www.cmas.org/comspo/agenda/champdetails.asp?id=227

14カ国、162名の選手がエントリーしています。

| | トラックバック (0)

韓国オープンウォーターフィンスイミング大会3km速報

台風の影響が心配された釜山の韓国オープンウォーターフィンスイミング大会3km。現地からの連絡がありました。朝の天候は雨で雷もなっていたとか。

海の状況を見ながらのスタートとなったようです。しかし、厳しい天候のもとで、参加者は全員泳ぎきったという連絡が入りました。

男子では村田選手、渡邊選手が年齢別部門優勝。

女子では総合で石田選手、松浦選手が入賞。年齢別部門でも坂田選手、片山選手、奥平選手、中台選手らが入賞したそうです。

| | トラックバック (0)

ロシア選手権の結果

6月11日~15日に開催されたロシア選手権大会の結果です。キリル文字なのでわかりにくいのですが、男子はスコルジェンコがアプニア14秒73、50サーフィス16秒11、100イマージョン32秒83の3種目で優勝しています。100サーフィスはアンドレイ・ブラコフ36秒44の優勝です。ビーフィンはパベル・クラコフが50は20秒26、100は44秒73です。

http://www.ruf.ru/pictures/1008_ChR%20Finswimming%202008.pdf

出場に制限タイムがあるのか、クラブ対抗戦で厳選しているのか、詳細は不明ですが、全体のレベルが高く、たとえば男子100サーフィスは38人の記録が掲載されていますが、最下位の記録が45秒88です。

| | トラックバック (0)

酒井秀彰、ワールドカップモスクワ大会参戦!

すでにお知らせしたとおり、ワールドカップ第6ラウンドモスクワ大会へのユースを中心とした強化指定選手の派遣が決定しているが、酒井秀彰選手より、モスクワ大会参加の申し出が連盟にあり、エントリーが認められる見込み。

| | トラックバック (0)

辰巳国際水泳場杯エントリー開始

辰巳国際水泳場杯が9月28日(日)に開催されます。競泳とフィンスイミングの大会で、フィンスイミングはアプニア、ビーフィン、サーフィスの各50m種目が行われます。

詳細はhttp://www.tatsumi-swim.com/topics/pdf/id47d470e50f932.pdfで確認してください。

エントリーは7/14~8/1まで。定員に達し次第、締切となりますので、早めにエントリーをお願いします。

| | トラックバック (0)

イタリア夏季フィンスイミング大会

7月5日、6日にイタリア・ラベンナで開催されたフィンスイミング大会の結果です。

http://www.nuotopinnato.it/Risultati_CI_Velocita/2008/RISULTATIESTIVIASSOLUTI.pdf

この大会には、出場タイムの制限があるようです。サーフィス50mだと女子23秒60、男子20秒20。種目の横にTEMPO LIMITEとあり、タイムが記入されています。

男子サーフィス200mで、ステファノ・フィジニーが1分21秒27、ナバ・アンドレアが1分21秒97という世界記録で泳いでいます。

| | トラックバック (0)

ワールドカップ第6ラウンドモスクワ大会

ワールドカップモスクワ大会のプログラムが発表になりました。9月17日~19日の3日間、モスクワのオリンピックプールで開催されます。この大会は、ワールドカップ第6ラウンドと同時にロシアが主催するInternational competitions “Shavarsh Karapetyan cup”という国際大会でもあります。ワールドカップはふつうは2日間日程で行われますが、今回は3日間日程となりました。

9/17 午前中 50AP 800SF  400IM

    午後  50BF  200SF  100IM

9/18 午前中 100BF  100SF  400SF

    午後  50SF  200BF  4×100リレー

9/19 午前中 1500SF  800IM  4×200リレー

この大会に強化の一環として、ユース強化指定選手を派遣することが決まりました。団体代表および強化指定選手には、通知されますが、以下の選手が派遣選考されました。

女子  菊池彩花  佐藤瑚乃美 藤島由佳 東佑子 東与志子 小川萌 川上梓 山岡明奈 服部朱里 奥平雪乃 畑野ふぶき 田山優希 住吉あかね

男子  川村祐三 石川裕伊登 藤本修平 垂水洸稀 遠藤健太郎 藤島丈功 青木一真 吉岡捺希 遠藤優作 平田龍之介 妹尾元気 関野義秀

(順不同) 

なお、7月6日(日)および13日(日)に開催される強化練習会において、モスクワ派遣について強化指定選手に説明します。

| | トラックバック (0)

薬剤師のためのドーピング防止ガイドブック2008年版

日本薬剤師会が発行する薬剤師のためのドーピング防止ガイドブック2008年版が、Web上で公開されました。

http://www.nichiyaku.or.jp/contents/antidoping/default.html

ここからダウンロードできます。

ただし、このHP上に以下のように書かれています。

本書の利用によって万一利用者に何らかの損害が生じたとしても日本薬剤師会、大分県薬剤師会、日本体育協会アンチドーピング部会ドーピングデータベース作業班は、一切の責任を負わないものとさせていただきます。あくまで個人の責任においてご活用ください。

薬の服用が必要な状態になった時は、できればスポーツドクターの診察をうけることをお勧めします。スポーツドクターは日本体育協会のHPで捜すことができます。

http://www.japan-sports.or.jp/doctor/

| | トラックバック (0)

CMASビーフィン認定

CMASからビーフィンについて、発表がありました。CMASで公認されるのは、以下のビーフィンとなります。

CRESSI
- Rondinella
- Pluma
- Reaction Pro
- Pro Star

and olso previous fins:

TECHNISUB
- Stratos Blu F.P.
- Caravelle Blu Met.
- Marlin Blu
- Pinna Grand Prix Blu Met.
- Microfin Iron
- Blades HF R. Blu
- Caravelle R. Silver

NAJADE
- Najade Speed
- Najade Standard

| | トラックバック (0)

The 2008 Korea Open 3km Fin Swimming Competition参加者

7月20日に釜山で開催される韓国オープンウォーターフィンスイミング大会3kmの参加者が決定しました。

男子選手

岩井 聖  久保達也  高見定信  花房宏行  村田秀昭  

渡邊英利

女子選手

石田侑子  奥平彩乃  片山加奈  坂田奈緒美  坂本夏美  

中臺かおる  松浦牧子

役員  谷川泉

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »